一筋縄ではいかない3Dプリンター

あ〜ついに買ってしまった3Dプリンター。一般用に出始めた頃はそれでも高嶺の花。でも最近は随分と手ごろな値段で手に入るようになりました。
でも3Dプリンターって箱を開けて直ぐに使い始められるおもちゃではないんですね。いろいろと微調整が必要。
出力側の調整が終わっても出力するモノのデータ作りがこれまた一筋縄では行きません。売り文句はいかにも簡単に高精度のモノを出力できるように書かれているけれどね。
ソフト上は完璧なのに出力するとあちらこちら微妙に調整が必要だったりして。だから一発で完成品ができることは少ない。
とにかく試行錯誤、根気がいる作業ですが、それだけに出来上がった時の満足感は最高!
毎日仕事から帰ってからの「残業」が楽しいです!横浜のコロリー