漢検の勉強が楽しいです

50代にして、昨年から、漢検に挑戦しています。
きっかけは、職場と家の往復だけだとつまらなかったからです。
以前から、検定はあれこれ受けていました。年齢を重ねてくると、自分を評価して貰える物が欲しいと、思うようになってきました。
手紙を書いたり、本をよく読むので、漢字がすらすら、読み書き出来たら楽しいだろうと思いました。
まず、、準2級から初めてみましたが、意外と書ける!
2級に上げて挑戦する事にしました。
ところが、半分も書けない。。悔しくて、毎日、漢字練習帳に、書き続けました。
3カ月後、受験しましたが、5点足りず不合格でした。
ショックで、一時はやる気を無くしましたが、中途半端は駄目だと、気持ちを新たに、漢字練習帳に書き続け、その3カ月後、合格致しました。
嬉しくて、また、感動を味わいたくて、準1級の勉強をしています。
検定会場には、老若男女、同じ目的で、沢山の人が来ています。その姿を見るのも楽しいです。
職場のストレスや、嫌な事があった時に、漢字を書くことで、癒されました。書けるようになり、読めるようになって、嬉しかったです。
次回、6月の検定を目指しています。М字はげに効果のある育毛剤はこちら