ウォーキングデット

ウォーキングデットがとても好きです。ウオーカーとの死闘や手に汗握る場面や仲間達がやられていったり、悪い人間達に襲われたりとある中で三角関係があったり年頃の子供達の成長していく姿など人間達どうしのリアルな感情のぶつかりあいなどがあり見どころがたくさんあっておもしろいです。
主人公の息子が少しずつ少しずつ成長していく姿がとてもかっこよく勇敢になっていくところなどが好きです。
家族や仲間の大切さ、みんなで協力することの大事さ、世の中が極限状態になった時の人間の怖さ、といった人間模様がたくさん描かれており、いろいろと衝撃をうけたドラマでした。ヴェルニ電話占い

娘の初自転車♪

この間、娘の3歳のお誕生日でした!

朝、じーじ(私の父)から連絡があり自転車を買ってくれるとのこと(^^)

一緒に自転車屋さんへ行き、娘が選んだピンクすぎるくらい全部ピンクの自転車(^^)笑

おそろいのピンクのヘルメットも買ってもらい、帰りの車の中もヘルメットをかぶって帰りました。

車にゆられ、寝る寸前で家につきましたが『自転車!のるー!』とすっかり目も覚め、じーじと楽しそうにツーリングしてました?笑

これから補助輪を外して乗れるように、色んなところにのっていこうね?

まずは、ブレーキのかけ方をしっかり教えなくては(>_<)!イビサクリームの口コミはデリケートゾーンの黒ずみ解消したとあり

ニューヨークに憧れて…

Sex and the Cityはとにかくキャストがオシャレで魅力的!
キャリー、サマンサ、シャーロット、ミランダのやりとりを見ていると、女って本当に楽しい生き物だな〜と思います(笑)

私の大好きなエピソードは、友人の出産祝いに駆け付けたキャリーが大切なマノロの靴を無くしてしまう話。

友人宅での出来事ですし、まぁ普通だったら友人が弁償するべきでしょうね。
でもこの友人は弁償を申し出るどころか、「そんな“生活”からかけ離れた(お高い)靴を履くなんて…」と呆れてキャリーをあしらう始末。

キャリーにとっての靴はファッションそのもの、人生そのものなのに!

…とまぁ、ひとしきりこの友人にイラッとするのですが、この話の終わりがまたオシャレで素敵なんですよね。

ラストでは弁償してもらったマノロを履いたキャリーが、ニューヨークの街を軽やかに歩くシーンに被せて『シングルの女が生きていくのは大変。だから、歩くのが楽しくなる靴が必要なのだ。』という、とっても気の利いたセリフが!

こんなセリフ、日本のドラマで見たことない!
というか、日本のドラマには合わないかなぁ(笑)

もうSex and the City最高!と言わざるを得ません。イビサクリームは楽天で買うより公式ページで購入する方がお得